Quantum Jump

雑踏に飲まれそうになりながらも必死にもがくブログ

働かないアリ

 

周りに流されないようにするためにはどうしたら良いのか。

 

周りに流されつつも、プランBとして逆らう道を持っておくこと。

 

 

3年生だからサマーインターンにたくさん応募しています。ゼミもバイトもサークルも無いので暇だし何か新しい刺激が欲しいと思って5月の半ばくらいから怒涛のESスタートしてたんだけど、6月の中盤に入るとみんなこぞってやっていたので、別に普通のことなんやなぁと思いました。

 

別に誰かに見せるブログではないし、自分の過去が流れないようにするためにもどこ受けたか思い出して書いておこう。決してマウンティングしている訳では無い。昔の俺だったらめちゃくちゃマウンティングしてたけど最近びっくりするくらい穏やか。

 

UFJ銀行(クソほど興味ない)待ち

東京海上日動(クソほど興味ない)待ち

アマゾン待ち

フリークアウト(クソ早かった。初選考)×

シグマクシス

スターライトコンサル×

博報堂コンサル×

日産×(エンジン形式まで書いて車好きアピったのに落ちた)

リクルートホールディングス×

リクルートライフスタイル待ち(確実に落ちた)

リクルートコミュニケーションズ待ち

ソフトバンク×

KPMGコンサル×

NRI×

セールスフォース○

レバレジーズ×

マクロミル

 

なんだかんだ結構出していて笑う。わりとやり始めるの早かったから6月のはじめにはES書いてなかったなぁ。

 

 

こうみると勝率かなり低いと思ったけど、実際自分がガチでES書いたところ、つまり自分がやりたいと思ったところはESで切られることは無いのでちゃんとやりましょう(戒め)

 

まあソフバンはかなり悔しい。まーーーーじで悔しい。面接で落ちるとはなんぞ。

 

ただいろんな出会いがあって仲良くなった友人もできたし普通に楽しいイベントでしたインターン選考会。

 

 

 

そんで、こうみえていろいろ活動してた私が感じたことがあったので、今回ブログを書こうと思いました。

 

 

 

 

この間東京海上日動(クソほど興味ない)の選考会に行ったのですが、

 

 

 

 

 

120人くらいいる中で、Tシャツ俺だけだったんですよね。

 

あとびっくりするくらいスーツ。別にラフな服装で行った俺マジマイノリティ!!とか思ってません。

自分の勝負服は無印のジーンズにユニクロの白Tにプレストというシンプルなものなのですがかなり浮いてました。

ちなみにメールにはカジュアルと書かれていました。スーツしていならさすがに私もスーツで行くし、オフィスカジュアルなら襟付きので行くくらいの常識は持ってます。

 

 

 

 

 

そして選考会はオリエンテーションの後に集団面接があったのですが、オリエンテーションの時にまたびっくりすることが、、、、

 

 

 

 

 

全員、ぜーーーーーーんいんメモを必死に取っているのです。

いやwwwそれメモる意味ないやろ!ってやつも必死にカキカキ。ちなみに社員は登壇している人のみで誰かに見られているという訳では無いです。いやーすごい。それ書いてどんな時に見返すの?って小一時間問い詰めたい

最中は怖かったので、みんなメモ取っているふりしてきっとお絵かきしてるんだ!って自分に言い聞かせてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んで集団面接でも驚いたことが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな話くっっそつまんねぇ。

 

 

いや、なんだろう。こんなにもつまらない話を聞かされたことがあっただろうか。今までフリークアウト、マクロミルリクルートライフスタイルで集団面接を経験してきたが、どれもストーリがありパンチラインも効いていて、聞いている方も楽しかった。

 

別にサークル、バイトの話を否定する訳では無いけど、ちょっと引くくらいつまらなかった。けどみんな"絶対学歴的"に頭いい。

 

 

 

そこで俺思ってしまいました。いやこう考えるのは当たり前なのかもしれないけど

 

 

 

 

こいつらと一緒に働いてもつまらねぇんだろうなと。

 

 

 

いやあくまで俺はね。きっといろんな人がいるからこういうのは楽しいと思う人も絶対いる。別に自分の価値観を他人に擦りあわせるような、まるで昔の某古谷みたいなことはもう毛頭考えてないけど、俺のブログで俺の意見として書くならそう感じた。

 

 

アマゾンのGDの前に、アホみたいに綺麗なロビーで開始まで待たされたんですよ。1番乗りした俺は来た人に話かけまくって、最終的にその日にGDある人全員で開始まで大盛り上がりして社員に笑われました。お前らクラスメイトかっ!って。

 

そのおかげでGD超円滑に楽しく終わったし(成果はどうであれ)、全員が言いたいこと言えて、帰りはめちゃくちゃ良かったね!って振り返りながらメンバーと駅まで帰ったのはいい思い出です。

 

たぶんそれってなんかしら話したいって魅力を、言葉では無い外側の何かから感じ取ったからそういう結果になったのかなと感じています。表情、服装、挙動、よくわからんけど。雰囲気ですねきっと。

 

 

 

マクロミルも時期が早いせいか、ちゃんとした人たちが多い印象だったし、ライフスタイルは面接の人たちと帰り道大騒ぎして帰ったし。

 

なんならコミュニケーションズもおかむーと早稲田の男二人と帰りの電車でアホみたいなことして帰ったわ。すごい楽しかった。

 

 

そういう人たちってなんかコミュ力高い気がする。初対面でもぜんぜん話してくれるし、面白いし。

 

 

 

なんでこんなこと書こうと思ったのかというと、こっからは完全に私の偏見ですが

 

 

 

 

 

 

銀行、金融、保険、証券、本気で目指して行くやつって大抵面白くねぇんじゃねぇの??

 

 

 

だってどう生きてたら銀行や保険に自己のストーリー照らし合わせてやりがい感じるんだよ。確かに賃金は、おちんぎんは高いかもしれないけど、そんな甘い密に誘われてくる学生なんてたかがしれているなぁと、僕感じちゃったよ。

 

 

 

 

結局思考の怠惰なんですよね。この考えは中三から変わってないや。

 

例えばメモの話を例に取って見ると、そういう人たちってメモを取ることが無意識に正しい行いなんだと認識してしまい、それが目的になってしまっている気がする。ここで俺がなぜ思考の怠惰かと言うと、その行動がその人が悩み抜いた上で工夫して出されたものでないからなんですよね。

 

 

野口英世は高等小学生の時に教科書が買えずに、卒業生の名簿を借りて教科書の端きれを集めてそれで勉強していました。

 

つまりそれって、目的達成のためにどうしよう。と悩み抜いた上でなされた結果として生まれた行動であり、そう言う方が自発性あるし、本人にとって一番効率的だし、他人が絶対真似できないし、俺は個人的に惹かれるんですよね。

 

中学とか高校でバカみたいにノートとってるやつ全員卑下してた若かりし時の自分を思い出します。

 

自分でいろいろ模索して考えて、自分の答えややり方を出す。これって生きていく上ですごい大切だと思うんですよね。部活の練習しかり受験勉強しかり。

 

 

 

 

 

いい会社に行く。給料が高い会社に行く。思考の怠惰です。まったく。

 

 

社会が与えた"正しい"という価値観に振り回される若者。そして飲まれそうになる俺。

 

幸い自分は社会が与えた正しいという価値観とは程遠い親と、ヤンキーばっかりの最高の友人たちと共に人格形成で最も重要な時期を過ごして来たので、思考の怠惰には多少は陥らなかったと思っている。まあ自惚れだけどな。

 

そのせいかこうやって正しいと思われている世界に突っ込むのにクソほど苦労したのも事実。んー考えがまとまらない。

 

 

でも思考の怠惰は楽ってこともよく知っている。大学入ってそれは強く感じている。圧倒的に生きやすい。

 

ある程度反骨精神が強かったり、逆境を感じで生きていた人間が、私立でいけしゃあしゃあと生きて来た人の前にひれ伏すように足蹴にされ、辛酸を舐めさせられているのは周りの人間を見ても一目瞭然だ。

 

 

 

 

みんながかっこいいと思う人って違うよね。三井物産就職したの!先輩かっこいい!!

 

それって三井物産がかっこいいよね。先輩のストーリーなんてなくてもいいよね。

 

漫画の主人公っていつも何かを変えようとして、リスクに頭突っ込んでいるからあんなにもかっこいいんだよな。なにもそれは漫画の主人公に与えられた特権じゃなくて、俺ら若者にもそうやって生きていい権利は絶対あると思うんだ。

 

 

 

自分に従って生きていた結果、それが道となり、他の人の志となるような生き方を少しでもできればと思う。

 

変化と周りから逸れることを恐れないで生きたい。楽しみやね。

 

 

 

 

 

 

 

東京海上日動平均年収1300万ってやばすぎぃいいいいい!!